お台場エリアの最新イベント情報満載サイト
 

■ 室屋義秀キックオフ・ミーティング

■2016年2月24日(水)レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの2016年シリーズが、3月11日にUAEアブダビで開幕に向けて2月24日、レッドブル・エアレースパイロットの室屋義秀がレッドブル・ジャパンで記者会見を行なった。レッドブル・エアレースは、世界トップクラスの操縦技術をもつパイロットたちが、レース専用の飛行機を使用し、高さ25mのパイロンで構成された空中コースを最高時速370km、最大重力加速度10Gの中タイムを競うモータースポーツ。昨年は日本で初開催され、会場の千葉・幕張にはレッドブル・エアレース史上最多となる延べ12万人が来場された。
2015年シリーズは総合6位だった室屋。2016年の目標は「優勝」と年始に掲げていた。飛行機の主翼端に取り付けられる小さな翼「ウイングレッド」を取り付け、1秒程度タイムを縮める作戦があった。「ウイングレッドという羽の横で空気を制御する部分。旋回中に羽の下から上に向かって風がうずまいて大きな渦ができて、抵抗が減る。実際に完成して、これを導入しようとしていた。昨年11月くらいに了承を得ていたが、現在調整で初戦には間に合わない状態になっている」 最終的には総合で表彰台に立つことを目標にしている。

■会場:レッドブル・ジャパン