開催17回目を迎えた年越しフェス

「COUNTDOWN JAPAN 19/20 supportd by Amazon Music」

12月28日(土) 4万7,000人

12月29日(日) 4万7,000人

12月30日(月) 4万7,000人

12月31日(火) 4万7,000人

全日程SOLD OUTで 18万8,000人が来場!

 

 

EARTH STAGEの会場をレポート

COUNTDOWN JAPAN最大の広さを持つEARTH STAGE。

4万人以上収容できる広さはまさにドーム並のステージ。フラットな会場で照明やスピーカーの設置位置が工夫され、どこからでもステージが観やすい。また、一部のアーティストライブでは、正面ステージ側に複数のミラーボールによる空間演出やステージから炎が吹き出す特殊効果の演出がされ、来場者に感動を与えていた。

 

 

 

 

COSMO STAGEと周辺エリアの会場をレポート!

幕張メッセ国際展示場の中央4・5ホールにあたるCOSMO STAGE。

ステージ裏には超大型8の字LEDやミラーROCKオブジェなどがあり写真スポットとして賑わっていた。また、中央にはカウントダウン時計がフェスのリズムを刻んでいた。

 

 

 

 

 MOON STAGEと周辺エリアの会場をレポート!

アーティストとファンの距離が近く熱気が熱いMOON STAGE。

隣接する飲食店で聴こえてくる演奏を楽しむことができる。ステージ裏はインフォメーションブース、救護受付ブース、チケットセンター、Amazon Musicブース、ポケモンブース、rockin’ star SHOPなどもありフェスならではのライブの合間を楽しむことができるエリアだった。

 

 

 

 

 GALAXY STAGEと周辺エリアの会場をレポート!

2番目の広さを持つGALAXY STAGE。

こちらのステージと隣接しているカウントダウン神社には鳥居や縁日などもありお正月気分を満喫できるエリアとして盛り上がっていた。

 

 

 

 

 ASTRO ARENAの会場をレポート!

 

スタンド席も常設されているASTRO ARENA。

約8,000人を収容できるこのステージは、CDJの中で唯一、スタンド席で座ってライブを観覧できる。会場内は2階から1階まで仮設階段によりステージの目の前まで自由に出入りできるように工夫されていた。入場口にはインスタ映えする撮影スポットもあり賑わっていた。