■Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020

■2020年2月15日(土)アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り入れた競技「アイスクロス」Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020が開催された。臨港パークに長さ350メートル、高低差22メートルの特設コースが設置され、 一瞬にして順位が入れ替わる数々の接戦が繰り広げられ、約7000人の観戦者が盛り上がっていた。男子はキャメロン・ナーズ(アメリカ、30歳)、女子はマキシー・プランテ(カナダ、27歳)が優勝。 日本人はベテランの山本純子選手(長野県出身、37歳)、大学生の山内斗真選手(京都府出身、22歳)、そして高校生の吉田安里沙選手(兵庫県出身、18歳)が決勝に進出しましたが、残念ながらそれぞれ1回戦で敗退となりましたが次回の大会に期待したい。

■会場:臨港パーク特設会場